読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

about a manner

ちょっと何言ってるかよくわかりません

コスパのよさについて

暗い話題ばかりのファッションの中で、コスパネタは盛り上がる数少ないネタのひとつ。参考になる口コミも沢山ある一方で、きちんとした結論が出されないまま蒸し返されているので全部、言っちゃうね。

* 廉価な輸入衣料品を前提にしています。

 

 

1 一般論を突き詰めると楽天が最強

 衣料品製造は軽工業です。衣料品はライン生産される「工業製品」なので、ロットの大小がコスト&クオリティの高低に大きく影響します。素材や縫製のクオリティの面だけで言えば、マルイ>ユニクロ≧ルミネ、パルコくらいだと思われます。大企業で買うのが鉄則。

 

小売価格は大きく分けると製品原価+経費+利益になります。衣料品の製品原価率が20%-35%ということはよく知られていますが、裏を返せば人件費、物流費、宣伝広告費といった経費のウエイトが大きいということになります。衣料品は多品種展開&一点単価が安いから仕方ないことなのです。

コスパ至上主義的な観点から言えば、「販売接客がない、大企業やオンラインショップで、しかも雑誌でタイアップ(1ブランドの特集ページ)を組まない企業のセール品を買う」という一般論は正解。

つまり楽天市場が最強。楽天にはアパレル業界の闇を抱えた衣料品がゴロゴロ転がっています。出荷元が関西&中国人だったら大当たりです。商品ページを値段順に表示するとちょっとしたスリルを味わえるのは数あるECサイトの中でも楽天だけ。

安心感を得たい方はZARAH&Mユニクロ、GU、無印、しまむらへ行きましょう。サラピンの必要性すら感じないコスパ猛者は人件費も在庫保管費も発生しないメルカリへ。物価安の国に行けば当然コスパがよくなるはず!と他国へ移住計画中の方には中国ECのTmallをオススメ。覗けばわかるサ。

 

くれぐれもファッションビル系ブランドのコスパよさげな商品に騙されてはいけません。ZARAの1品番あたりの不良品数>国内ブランドの1品番あたりの総生産枚数とかそういうスケール差の世界です。コスパよさげな商品の正体は「ブランドネーム料が割安」。

どうしてもファッションビルでコスパのいいものを買いたい特殊な方には、タイムセールを乱発しているブランドでの購入とセール一ヶ月前の購入を避けることをオススメします。値引き前提で生産されているので、粗悪品の確率が高くなります。

 

  

2 とりあえずニット

コスパを追求する上でニットは目玉商品です。

ニットは原料と編み機で出来の90%が決まると言われています。原料である糸は生地ほどバリエーションが少なく、1ロットが大きいという特徴があります。つまりロットの大きさと品質の良さ&原価の安さが直結する。ロットの都合で30,000円のニットと3,900円のものが同じ原料で作られることもある(もちろん糸使いやゲージ、付属は違います)。

ニット製品は布帛製品より品質にムラがない。生産工程の自動化が進んでいて、編み機の性能の高低差が大きくないからです。tomorrowlandのオリジナルのニットでさえ今日日タイ製です。つまりニットはハズレを引きにくい商品なのです。商品選びに自信がない方は迷わずニットを買いましょう。

 

 

3 マユツバな製品原価

少しだけ真面目な話。

製品原価の面からコスパのよさを考える際に、まず製品に付随する価値を取り外す作業は必須です。 

付随する価値とは「商品と消費者の関係の中から生まれる価値」とも言い換えることが出来ます。具体的には自分の身体にフィットする、アウトドアでも活用できる、モテる…などは、そのケースに当てはまる特定の人間にとってのみ有効な、測定不能のよさでしかないからです。全て参考情報であり、話がややこしくなるのでまず除外。

 

本題。コスパのよいもの」は一般的に「製品原価÷小売価格の比率が高いもの」と考えられています。支払う金額のうち、製品原価により多く投資することで、品質のよいものをゲットしよう!できるはず!という考え方が前提にあるかと思います。

ところで製品原価の面からコスパを考えことはナンセンスというのが私の意見です。何故なら「手元に存在する一枚あたりの正確な製品原価(日本円ベース)」をサプライヤーもリテーラーも把握出来ないからです。

 

先の数式の分子である製品原価についてまず考えます。製品原価は「目に見えるものの原価」と「目に見えないものの原価」の総和と言い換えることができます。前者は素材、資材、仕様など。後者は生産条件、企業間の年間取引額、工場固定費、海外運賃、通関手数料、保険、国内運賃…など(後者でさえ無駄だと感じる人は服を着ないというパフォーマンスの可能性に是非賭けてみて欲しい)。 

前者は単純に思えますが、二国間、三国間生産の場合は複雑です。国によってモノの価値が違うからです。例えば、国によって1人あたりの人件費や電気代は異なるので、同じ作業に対する工賃に差が発生します。同じ品質の生地を買う場合でも国内に生地工場が多いインドネシアと他国では生地値が異なります。もっと言えば原料を生産した際の原油価格に左右されます。

これに「目に見えないものの原価」が加わります。このあたりは縫製工場や生地屋の言い値であり、企業の名前と担当者の顔でなんとかなったりするので、正確な数字を日本企業が掴むことは現実的に不可能です。

最後に為替、決済手数料、国内運賃などが加わり、円ベースの製品原価が固定されます。これらも各企業・方法によって無視できない程度には差が出るので、ちょっとどうなってるかわかんないです。

結論。手元に存在する一枚あたりの製品原価(日本円)は時価(参考価格)。

 

 

4 カンで決まる小売価格

次に「小売価格」に目を向けましょう。こちらも製品原価同様にファジーです。

小売価格の設定方法は「前年実績との比較分析」が基本になりますが、そもそも前年の前年の前年の前年・・・の上代がどうやって決定されたのか?と言えば間違いなく適当です。「他社の類似商品との比較」も「この商品のツラは1万円や!売れるでえ!!」とかいう偉い人の発言も全部適当。MD的には「原価から逆算する」が一般的な方法ですが、アイテムの属性や販売戦略を考慮に入れると全ての品番の原価率を統一することは現実的に不可能。

そういう訳で、比較・検討を重ねた上で企画責任者が小売価格を最終的に決定することになりますが、その根拠は適当ではないけれど結局は責任者のカンです。そこがMDの面白みだったりするわけですが。

 

 

5 「コスパのよさ」との正しい付き合い方

一般消費者が低価格帯の中から品質がマシなものを選び出すこと自体、難易度が高いと思いますが、これまで述べてきたように販売価格はおろか製品原価も実は曖昧なのです。それらを実数として弾き出した比率、すなわちコスパのよさを追求するという行為は結局は自己満です。無駄金を使え!と主張したいわけではありませんが、「衣料品の賢い消費」によって自己満を達成するっていう行為そのものがコスパが悪いことだと思うんですよね。筋トレでよくない?

   

最後にもうひとつ。製品原価÷小売価格=コスパのよさという数式の穴はもうひとつあります。これで導き出されるのはあくまで「比率」ということです。

上代1,000円、原価率50%の商品と上代10,000円、原価率50%の商品には「製品原価に投資された金額」に差があります。当然、10,000円の商品のほうが定量的にも定性的にもリターンが大きくなる(一定金額を超えると、上昇曲線はゆるやかになりますが)。マウンティング合戦に行きつく理由はこれで、コスパ論はある地点で可処分所得の問題にすり替わってしまう。

コスパのよさを熱心に追求している方の多くはいわゆる中低間層の方が多いという印象があるんですけど、どうもこの議論は中低間層にとって心理的にしんどい構造になっているように見える。結局「底値で買う」だけが最後に残された道になる訳ですが、そこまで余裕がないのなら服なんてわざわざ買い足さなくていいと思う。手持ちの服であと5年くらいはイケるよきっと。

 

ガチガチのコスパ原理主義者は実際希少だとは思いますが、コスパ論はあらゆる点でナンセンスで生産的な方向には恐らく広がりません。もうそろそろ「コスパのいい服」は卒業して「ファッションとしてサイコーな服」にお金を使いませんか。偉大な先人たちの金言を最後に送ります。「悩む理由が値段なら買え」。

 

 

6 私的コスパ最強服

ここまでお付き合い頂いた皆さまにだけ!私的コスパ最強服を今回!!特別に!!ご紹介いたします!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、みんな大好きRick Owensです。

 f:id:btn1111:20170330183536j:image

大抵モテたいからファッションに興味関心を払うわけですが、モテのゴールは結婚です。間違いない。

私はRick Owensがきっかけで偶然知り合い、結婚しました。敬虔なキリスト教徒と二丁目のオネエにしか素直に祝われないほどの衝撃的な格差婚を成し遂げました!ヨッシャオラァア!!!

 

f:id:btn1111:20170330191306j:image

逆立ちしながら万歳したい気分です

 

Rick Owensの隠された徳(アレテー)とはアート風ファッションについて喧喧諤諤を引き起こすことではなく、コスパのいい婚活ツールである。Rickをダシにアート云々を語っている人間は二流のソフィストであり断罪されたい。

Rickに手を出す = ニッチなマーケット参入なので、出会いから深い仲へと発展していく確率が高くしかもスピーディ。特筆すべきは参入可能なポテンシャルの高い美男美女が相対的に多いこと。そして「味のある顔でも雰囲気で許される」というボーナス付きであること(清潔感は大切にね)。
ボロ布を巻き巻き&ドレープだらけの長過ぎる袖&でかいスニーカーなRick愛好者は、内向的で斜に構えるタイプの人間が多いですが、褒めればイチコロです。ガシガシ褒めると早口で何かを語りはじめます。その時は是非笑顔で傾聴してあげて下さい。

 

f:id:btn1111:20170330183703j:image

 

f:id:btn1111:20170330184136j:image

どうですか?パフォーマティブに見えてきますよね?!

 

出会いのツールに留まらないのが我らがRick Owens。同居後の破綻のリスクヘッジ効果も持ち合わせています。Rick愛好者はライフスタイル全般へのこだわりが強い傾向にあるので、主体的に家事をこなす or 自然と分業制になります。また社会人デビュー後にRickを買い続けるには高年収の職に就く他ありません。運良く洗脳が溶け、Rick離れに成功した暁には誰しもが羨む幸せなハイスペカップルになっているはずです。

モード服愛好者全般に対して言えることですが、購入を幾度も断念するという過酷な経験の中で忍耐力が育まれ、また高額商品を分割で落掌するという苦渋の経験から目標を達成する強い意志が鍛えられた私たちは、結婚後に訪れるだろう困難にもきっと打ち克てる。

気をつけるポイントはたった二つ。時間を守れない奴、25歳を超えても馴染みの販売員に呼び出されてホイホイ買う独身者はアカン。何かこう…大き過ぎるカルマを背負っているから共同生活に向かないんだと思う。

 

f:id:btn1111:20170330184133j:image

ヨウジ愛好者の落合陽一教授。ご結婚おめでとうございます。モードに溺れてもよし、離れてもよし

 

 

軍資金100万円(一週間コーデ分) × お会計の数分 →ザ・ 結婚確約!

 

どんな地雷が来るかわからない恵比寿でのコンパやコリドーのバーにオシャレして通うより、結婚相談所や出会い系サイトに何年もお世話になるより、いまRick Owens。ユナイテッドアローズよりヤエカよりマディソンブルーよりサヤカ・デイヴィスより、みんなのRick Owens。

 

Rickの服を一度も購入したことのない私のオススメというところで説得力を些か欠いているきらいはありますが、みなさまにおかれましてはRick Owens並びにモード服を引き続きご愛顧頂きますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。